サイエントロジーのシンボル

サイエントロジーのシンボル

サイエントロジーのシンボル「S」はサイエントロジー(Scientology)の頭文字です。

下の三角形は「ARCの三角形」と呼ばれ、Aは親愛の情(affinity)、Rは現実性(reality)、Cはコミュニケーション(communication)を表しています。これら3つの相互に依存する要素は組み合わさって「理解」となり、三角形として表現されています。ARCはサイエントロジー宗教の基本原理です。

三角形の1つめの角は親愛の情です。これは、人や物に対する好意や愛情の度合いです。2つめの角は現実性です。これは要するに同意のことです。3つめの角はコミュニケーションです。これは二者間で考えをやり取りすることと定義されます。

これら3つの要素はすべてが互いに関連し合っています。ある程度の好意や基本的な同意がなければ、コミュニケーションは成り立ちません。コミュニケーションといくらかの親愛の情や感情的反応がなければ、現実性はあり得ません。何らかの同意とコミュニケーションがなければ、親愛の情が存在することはあり得ません。ですから、3つの角のうち1つでも高くなれば、残りの2つも同様に高くなります。

サイエントロジーのシンボルにある上の三角形は「KRCの三角形」です。それぞれの頂点はKが知識(knowledge)、Rが責任(responsibility)、Cがコントロール(control)を意味しています。「ARCの三角形」の3つの角と同じように、「KRCの三角形」でも3つの要素が互いに関連し合っています。どれか1つの角が上がれば、他の2つの角も上がります。このシンボルは、1952年に使われ始めました。